黒ラブ雑記帳  証券マン「黒ラブ」の仕事や家族や色エロ等に関して日々感じた事、思った事を綴りたいと思います
03≪ 2007| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
接待?
接待?いやいやこれは多分招待です。

ある日お客様の家に株の売却代金を持っていきました。
お客様は上機嫌!
何故って・・・短期間で結構な額を儲けたからでして・・・これもひとえに俺様のおかげでして・・・いえいえ、お客様の判断と運の賜物です。
儲け慣れているのにこの日は特に上機嫌。
「よっしゃ!4月○日の夜、食事に招待するので、支店長と黒ラブの予定に入れておいてね。・・・・」

>> ReadMore
スポンサーサイト
2007'04'27(Fri)00:59 [ 仕事 ] CM9. TB0 . TOP ▲
歓迎会
新人のノッポちゃんが泣きました。
これで2回目です。
いずれも鳥がら不二子絡みです。

現場にいた訳でもないし、何があったのかを直接聞いたわけでもないので何とも言いようがないんだけど・・・・

でも短期間で2回も泣かすなんて鳥がら不二子よ、いったい何を考えっているんだ?言ったんだ?したんだ?ノッポちゃんが巨乳娘に弟子入りしたのが気に食わないのか?若しくは若さに嫉妬か?
オイオイ、先輩なんだから少しは考えようよ!いい大人なんだしさ~

そしてノッポちゃん。 泣くな!
頑張れ!

言い方が厳しかったのか?キツイ嫌味だったのか?ビックリしたのか?悔しかったのか?
とにかく乗り越えるしかありません。
いつの日か、 「ノッポちゃんが居てくれれば安心」こう周りに思わせることができれば君の勝ちです。
応援するから頑張ろうよ!

で~~~

このもめた翌日がノッポちゃんの歓迎会

なのに~~~~~~

鳥がら不二子は当日になって歓迎会欠席です。 きゃ~
オイオイ!
わざとらしい・・・っていうかいい加減にしてほしいよ。
ある程度の衝突は仕方がないけど、大人の女性としてそれはないでしょう?
「私は仲良くする気は全くありません!」的な宣言を大々的にしたようなもんですから。それと同時に自分の馬鹿さ加減や幼稚さを周りに知らせたようなもんですから。
怒られた翌日に学校や仕事を休むのと同じですから(笑)

Mチャンに話したら「かっこいい~~~~対決したい~~~仲良くなれるかも・・・」と笑っていましたよ。

こんな中にいると俺が凄くまともに感じます。

俺も頑張ろうっと
2007'04'26(Thu)01:38 [ 仕事 ] CM5. TB0 . TOP ▲
ぷにゅぷにゅにゅるにゅる
Mチャンに会いました。
遊びました。
またまた遅刻だったけどあの笑顔にはかないません。
作戦だろうが最強です。
笑顔だけでも癒されます。
可愛いです。
ただ性格はワガママ。自分勝手だし自分に甘く他人には超厳しいし。キツイ性格だけどエロいみたいな・・・←結構俺はマニアックかも?


いつものBARで軽く飲んでその後ラブホに・・・
『ご休憩ですか?』
という電話の声がいつの間にかオバちゃんから若い男の声に変わっていました。

お風呂タイム!
風呂にゼリー風呂の素を入れてよくお湯と混ぜます。
程よく混ざったらそこにローション風呂の素を・・・
お湯の温度とゼリーの混ぜ具合そしてローションの素の入れるタイミング・・・これが難しい!
今回はバッチグ~
ぷにゅぷにゅにゅるにゅる

いい感じでしたよ。
きもちい~~~~
その後はいつもの如く・・・

そしてじゃれ合いながら笑ってバイバイです。


家に着いて

更にいつもの如く我が愛する妻と姫が眠る部屋に背中から入る・・・・・・・気弱な俺でした。
2007'04'24(Tue)16:15 [ ちょいエロ ] CM6. TB0 . TOP ▲
何もかも・・・
『おはよう』
愛しの姫に声を掛けたら
『ママーママー…パパの布団熱いんだよ…』
俺が抱き付こうとすると逃げるし・・・・・。

『小僧~今日はオムツどうだった?』
『………』
ヘッ無視かよ。彼のプライドが傷付いたかな?

会社では相場がつまらないのでじっと我慢。
溜まったストレスや怒りを放出する為に水泳に…
気持ちヨ~ク泳いでいると反対側から俺に突進して来る人が・・・
ターンをして泳ぐとまた反対側から向って・・・
ん?
良く見るとレーンの中央を又は一方通行で泳いでいます。

右側通行ですから!

あ~我慢我慢。

一通野郎が消えました.
しかしそこに現れたのはボウフラ達
4人の楽しい仲間達で水に浸かったまま話っ放し。
しかも壁側に横に並んで・・・

邪魔だよ~

ターンしようと思っても避けてくれないんだもん。
仕方が無いので奴等の目の前で立上がってそこから泳ぎ直し。それでも気付かないみたいなので最後はバカ野郎達に突進してプールを出ました。

落ち着け!落ち着け黒ラブ

帰りの本屋に…
レジの前に数人並んでいました。
でも手の空いている店員がいるのに客を無視。
並んだよ~待ったよ~
しかも待っている途中人の気配が・・・
ハッと避けたが・・・ ドーン!
全く避ける気配がない馬鹿女が俺に激突!

ムカッ!
俺の空間に入って来るな!
あ~ムカつく

家に帰ると山盛りのご飯・・・
「こんなに食べられないよ~」
「残していいよ~犬の分だから・・・」
「犬のって・・・お、お、お~~~い。これは犬のご飯か?」
「違うって。残れば犬の餌になるから・・・」

何となくイヤだな~

そして極め付が
『帰ったらシフトを見てメールしますね…』
とのメールをMチャンより受けてはや3日・・・
色エロ忙しくて家に辿り着いていないのか?
若しくはどこかに監禁か?
更に若しくは山小屋にでも泊り込みの仕事か?
今から帰るので…それから・・っていうメールじゃなかったのか?
まっ、どうでもいいか

オイオイ


一体何が悪いんだ?


どーしたんだ?・・・・・・・・・・・
2007'04'19(Thu)01:09 [ 未分類 ] CM5. TB1 . TOP ▲
なんだかね・・・
来月いっぱいで辞める巨乳娘がノッポちゃんに何やらレクチャーしていました。
題して「鳥がら不二子との対決方法」

「鳥がらはね~~~何か言ってきたらこっちが気の強いところをガツンと示せばその件に関しては退くんだよ・・・」
「鳥がらはね~~~」
「鳥がらはね~~~」
「鳥がらはね~~~」


「で、黒ラブさんどう思います?」
巨乳娘にこう振られました。
「仕事に関してはきちんと話し合わなくちゃ駄目。新人なんだからちゃんと教わって、分からない事はちゃんと聞いて・・・多少にキツイ言葉は仕方がない。早く一人前に成る為だから。でも、それ以外の余計な事は聞いても心に入れる必要は無い。鳥がら不二子よりも大人になることだよ」
「でもそれじゃ~」
「聞くが辛いんなら一方的に喋りまくるんだよ・・・」← いい加減・・・

こう答えておきました。
あ~メンドウクセ~
って言うか、巨乳娘はやはりバカ?
その対処法で鳥がら不二子とぶつかっていたのにそれをノッポちゃんに伝授するなんて。
自分の二世を作るつもりなの?
余計なお節介です。

ノッポちゃんなりの感じ方もあるので、あまり染まっていないノッポちゃんを無理に染め上げる必要は無いんだから・・・
あえて言うなら、戦い方を教えるよりも、溶け込む方法だったり、ピンチの時の逃げ方・隠れ家・頼り所・対処法を教えるべきなのでは?

どう感じるかはノッポちゃんの感性であり、ノッポちゃん自身の対処法なんだから。それを守り育てるのが我々なのだから。

辞めていく者が良かれと思って勝手に先入観を植え付けるのはどうかと思います。

バカっぽくて・・・・イヤだな~

俺の勝手な思いだけどどうだろう?
2007'04'18(Wed)01:56 [ 仕事 ] CM4. TB0 . TOP ▲
どうぞご勝手に
ついに…

鳥がら不二子は普段は社内ではサンダルを履いています。
いや履いていました。
それが最近…
あれ~?背が伸びた?と思ったらヒールの高い靴を履いており、もう少し目線を上げると、スカートの丈もいつもより短いような気が… ←誰と競ってる?
カッツンカッツン音を立てて歩き回っています。
私いますわよ。
いますわよ。
いるってば!

って具合です。

そして…
先日やらかしたみたいです。
ノッポちゃんとの対決
詳細は分からないんだけど頭に来た鳥がら不二子は早退したみたいなのです。
ボスもそれを認めちゃうし

一体何が気に食わないんだか?
新人なので周りはチヤホヤしたり昼食に誘ったり…まかさ子供じゃないんだからそんなことが原因だとは思いたくはない。
その間に挟まれた巨乳娘もよかれと思っての行動が俺からしたらおバカな行動でして…

こっちが気を使っちゃうよ!
もういい加減にしてもらいたい!
俺たち営業が事務方のフォローを得てお金を皆の給料を稼いでいるのです。
相場から・客から・上司から・・・様々なプレッシャーと戦っています。
俺の場合はこれに加えて妻からお母様からMチャンから・・・

無駄に後ろ向きになりたくないんだよ。
どんな子が来たら納得するんだ?鳥がら不二子よ。
いいお姉さんになりなよ。
鳥がら一派の話しか聞いていないからだぞ!

鳥がら不二子もいい先輩には恵まれたんだけど、その先輩は転勤。
そして後輩は仕事を覚えると辞めるの繰り返し。
結局鳥がら不二子がメインに・・・チヤホヤされてわがまま一人っ子状態。

可愛そうなんだけどね~
もう少し俺の話を聞けば・・・・・

その内に向ける力を上手に外に向けようよ!

いちばん情けないのは

どうする?ばっかりで何もしない上司達。
その役目の人はちゃんと対処してもらいたい!

皆さん変に・無駄に・中途半端に他人に対して興味を持ちすぎ・・・
2007'04'17(Tue)00:59 [ 仕事 ] CM4. TB1 . TOP ▲
ちゅ~~~
そう、 キスといえば・・・・

営業者で外回り中前の車が・・・軽自動車がノロノロと走っておりました。
とても気長で優しい性格の俺様は「あ~~~邪魔だっどけ~~~~っ」
と心の中で叫んでいました。

信号で止まるたびに運転手(たぶん男)が何故か助手席のシートにもたれかかる様な・・・体を捻じ曲げて後ろの荷物を取るような感じで
そして助手席に荷物が乗っているような・・・

止まるたび
止まるたび
止まるたびにっ・・・
「あ~何かウゼッ」
後ろの車から優しく微笑んでおりました。

よく見ると助手席の荷物が動くではありませんか!
しかも髪の毛らしき・・・
???
えっムチムチしたゴリラのぬいぐるみ?
と見間違えるような後姿が見えました。
なんとなく女性らしき。

接近してヨ~~~~~ク見てみると、赤信号で止まるたびに男が顔を近付けキスをしているのです。
音が聞こえるくらいに

ブッチュ~~~~~~~~~~~~~~~~ッ
>> ReadMore
2007'04'13(Fri)01:11 [ 未分類 ] CM4. TB0 . TOP ▲
やっぱり  イケナイのかな?
先週… イケナイ夫の日でした。
あまりの気持ち良さ…イヤイヤ、何かとゴタゴタしていたのでブログにupしないうちに日にちが過ぎてしまいました。

まっ簡単に書くと…
普通にお風呂に入ってベッドでローションたっぷりのユックリ大人のマッサージ(笑)
気持ち よ~~く仲良く飲んで食べて………楽しみました。
でも最近はローション遊びにも少し飽きたかも。
次の日に手がツルツルでお札が数えられません(笑)初心者みたいにアタフタと…

>> ReadMore
2007'04'11(Wed)19:31 [ ちょいエロ ] CM4. TB0 . TOP ▲
新人サン登場
新入社員が今日から支店に配属です。
ピカピカです。
18歳の可愛い女の子です。
18歳ですよ18歳…
ドウシマショウって感じですよ(笑)。
余りにも歳が離れちゃうと何を話したら良いのやら。まだまだ可愛いらしいし爽やかだし…営業ならまだしも事務なのでなかなか話題探しが難しいですよ。 ←これってオヤジ?

そして爽やかといえば・・・
我が愛する妻がテレビドラマで「拝啓○○様」?多分こんな題名に出演しているジャニーズの二宮君?を観て
「清潔感があってイイ~」
って言っていたのを思い出し・・・

こんな話を昼食時に巨乳娘としていました。 ←一体何の話?
『イエイエ黒ラブさんなら柔軟性があるから話は大丈夫ですよ。それに黒ラブさんもパッと見外見は清潔感はありますよ。…』  ←ありがとう(涙)
『パッと見?まっ中身を知ったらドロドロだしね(汗)』
『そうですね』 ←オイオイ

巨乳娘も背が高いんだけど新人サンはそれ以上の高さ。
最近の人は男も女も背が高くてスタイルが良くて羨しいね。

取り合えず新人サンをノッポちゃん (仮称)としときます。

鳥ガラ不二子の毒牙にかからない事を祈りますよ(笑)

そういえばMチャンにも言われました。
「爽やかかどうかが微妙だけど清潔感はありますよ。神経質だけど。そしてドロドロボロボロだけどね・・・」 ←誰のせいだ!

なんか微妙だな~

まとまりが無いのでこのへんで・・・・
2007'04'10(Tue)01:00 [ 仕事 ] CM8. TB1 . TOP ▲
止まらない・・・お母様
シリーズ化の勢い・・・・

朝の会話です
『お母さん、ご飯が炊けていません…』
『あらっおかすぃ~わねぇ~ちゃんとセットしたのに。』
『タイマーが…』 
『おかしいわね。故障?じゃ炊飯器の蓋を開けて水分を飛ばせば…』 
『イヤイヤ、蓋を開けたらダメですって。炊き上がって無いんだから。まだお米と水です。タイマーのセットの時間が…』
『ちゃんとセットしたわ。調子が悪いのかな~昨日は炊けたのに…』
『タイマーのセットがダメだったみたい』
『じゃ蓋を開けて・・・』
『だからダメですって』
『蓋を…』
『無駄です。まだ米と水ですから』
『でどうする?』
『さっきスイッチをいれました』 
『おかしいな~ちゃんとボタン押したわよ』
『そのセットの時間が違っていたみたいですよ』

お互いに負けを認めたくないみたい・・・

どうでもいいんだけど朝からこんな不毛な会話はやめてくれ!相手は目暗ボクサー級なんだから…
それより俺の朝ご飯は?

暴走機関車が止まりません!


助けて~
2007'04'04(Wed)19:47 [ 家族 ] CM6. TB0 . TOP ▲
勘弁して・・・お母様
朝ご飯。
俺一人で少し早めの時間に食べます。
何故かその日は我が愛する妻が冷えた昨日のご飯をレンジで温めていました。
冷めては温め冷めては温め…あ~俺たち夫婦の愛みたいだ… 物悲しげに妻を見ていました。トホホ…

冷たい視線に妻が気付きました。
『あっこれ?』 ←他に何が?
『今日の朝ご飯はお粥よ…』
『えっ』 ←いつから健康志向になったのかな?

答え

原因は お母様です。

昨日の夜珍しくお母様が夕食後の後片付け。
『お母さん、大丈夫ですから…私がやりますよ』と、妻が邪魔だから余計な事をしないでとお母様に分かりやすく言っていました。
にもかかわらずその日に限って…

そして米を炊飯器にセットまで。
いつもなら妻が寝る前に水を調節して米をセットするのです。
それをお母様はただ水に浸しておいただけの米をセットしたみたいなのです。

故に…
朝、妻が俺の朝食の為に炊飯器を開けたらそこにはよくできた完璧な素晴らしいお粥があったそうです。

俺はお粥が苦手です。
従って、レンジでチンご飯になった次第であります。

怒りを通り越しました。
お~い

怒りが遠くに行き過ぎて見つかりませんよ。

2007'04'03(Tue)00:38 [ 家族 ] CM4. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。