黒ラブ雑記帳  証券マン「黒ラブ」の仕事や家族や色エロ等に関して日々感じた事、思った事を綴りたいと思います
04≪ 2013| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

駅のホーム


高校生・・・友達が前に並んでいると遅れて来てもなんの躊躇もなしに前に並ぶ

オッサン・・・後ろを横をウロウロしながら電車が来るとサッと前に入る

外人・・・初めからルール無視

お願いだから列に並んで下さい。


俺が先頭ですから。
スポンサーサイト
2013'05'29(Wed)23:37 [ 社会 ] CM0. TB0 . TOP ▲
暴落
株価暴落

だから言ったんだよ

「売れって」

「下がってからでは売れないんだから、利益の出ているうちに売りましょう」って・・・・

俺の客は
「何で?TVではもっと上がるって言ってるよ」
と言いやがる。

そして木曜日の下げ

「え~何で?」って

俺が売れって言ったのにもかかわらず、欲張って売らなかったくせに・・・

俺に聞くなよ!

そして同じ間違いを何回繰り返すんだ?

明日のことなんか分からないんだから、利益の出ている時に売ることが大切なんだから。

資産を増やしたいのなら考えるべきだよ。
株は長く持っていれば勝ちなのではなく、儲けたものが勝者なんだから・・・

よく考えた方がいいよ。

欲深な客に囲まれた営業マンからのお願いでした。
2013'05'27(Mon)00:37 [ 仕事 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ハグ
色々あるさ
色々ね・・・
お互いに・・・・・
でも変わらずに友達だから



仕事で大学生時代の恩人、友人会うために出掛けました。
昔住んでいた場所。
久しぶりです。
約束の店に着くと既に恩人C子サン(歳上)と友人A子(俺と同い年)が話し込んでいました。


まもなくして
『用事があるから』と席を立つA子
ん~~残念(T_T)
でもC子サンと仕事の話し。
食事をしてその他諸々楽しい話し。
店員が告げるラストオーダーの声
突然です
「黒ラブ、A子は離婚したんだって・・・」
「えっ!!」
C子サンも俺と会う少し前にA子から聞いたらしいのです。

「え~~~~~何で何で?」って感じでした。
ショックもショック
まさかA子が
イヤイヤA子まさか
何でA子?
A子何で?
離婚の理由云々よりもA子が離婚した事がショックでした。


『これから帰るね~~』
A子にメールをしました。
電話
A子からです。
『今度ユックリ話そうね~~お酒飲もうね~~』
『おー』
こんな内容の会話。離婚の事はA子が話すまでは知らないふり
こう決めました。


A子はとて大切な友人です。

そして今も大好きです。


出会い・・・最初の印象は最悪
お互いに『何コイツ』って感じでした。

でも
好きな音楽や本など共通点が沢山・・・
いつのまにか仲良しになっていました。
仲良しと言っても別に何もありません。
A子には彼氏がいたし俺には彼女が。
真夜中にA子と彼氏がもめれば助けに行ったことも・・・
俺の部屋で彼女がハンバーグを作成中に悩み相談の電話がきたことも・・・
タイミングの悪いこと(笑)

それなりに色々ありましたが、

ず~~~~~~~っと友達でした。

それぞれに家庭を持ち
それでも友達でした。

そんなある日に聞いた離婚話し
ショックでした。


なんとかA子と酒を飲む機会を作りました。
お互いにガンガン飲んで、たくさん話して・・・・
いつまで経っても離婚の話しに触れないので俺から聞いちゃいました。

「何で?」

理由はどうであれこれからが大切です。

午前4時の酒場
『いつまでも応援するし見てるから・・・大切な友達だから・・』
こんな言葉しか出ませんでした。

店を出て寒空のタクシー乗り場
有り難うとバグされたので、お返しにハグハグし合うイイ歳した二人でした。

こうしてまたまたバグの魔法に掛かるのでした
2013'05'13(Mon)23:58 [ 未分類 ] CM2. TB0 . TOP ▲
馬鹿じゃないの?
川口氏解任決議案 9日可決へ・・・
はははっははっは

馬鹿じゃないの?
こんなことで大騒ぎ
遊びで中国訪問が一日延びたわけじゃないんだからさ~~~
野党もこんなことで存在感を示したって
シラケチャウヨ

この一生懸命さを定数削減の時に示してくれよ(笑)

2013'05'09(Thu)00:05 [ 社会 ] CM2. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。